人生を制限させないADHD・うつ病

ADHD・うつ病に関するブログです。

フィリピン臓器売買のインタビ ュ ー

 筆者は何故かフィリピンに着いて 2 週間でフィリピンのバスコというフィリピン・ マニラ湾の波止場にあるスラム街で、 20 ~ 30 代の臓器売買を行った男性 25 人へのインタビューを行った福島民友新聞記者の藍原寛子さん 1 のお手伝いをすることになっ た。 何故私がこのような機会に巡り会えたかと言うと、私のホームステイ先のルームメイトが記者とお知り合いで、「取材を手伝って欲しい」と頼まれたからだ。 そして 2009 年 5 月 29 ~ 30 日、記者の協力の下、フィリピン人 2 人、藍原記 者と筆者はフィリピンのバスコのあるお宅をお借りして、インタビューを敢行した。

バ セコという地は日本の NGO「 habitat 」や、韓国の NGO 等の援助により、新し い建物が次々と建てられており、「以前より復興した」とフィリピン人に言われたが、道路はぐちゃぐちゃで、「こんな所に人は住めるのか」というのが正直な感想であった。 この調査から、バセコに住むフィリピン人達が何故臓器を売るのか、どのようにして 臓器を売るのか、等について理解することが出来た。

2007 年 2 月 、フィリピンの臓器売買に変革が起きた。フィリピン政府が臓器売買を 公認したのである。これは「腎臓移植を希望する外国人患者に対し、一定の条件を満 たせば腎臓提供を認める」という新制度を導入するものだ。フィリピン政府自体は闇 取引対策で年内導入を目指すとされている。外国人を対象とした政府公認の臓器売買 は世界にも類例がなく、実際に制度が施行され、実施にいたれば移植待機者が日本だけ で も 1 万 人 以 上 を 越 す 結 果 と な る 。

現待機者数は心臓 9 3 人、肺 1 2 7 人、肝臓 1 4 0 人、腎臓 1 1 9 1 5 人、膵臓 1 4 7 人、小腸 2人である。腎 臓移 植を希望する患 者数 は群 を抜いて多い。また現 在 人工透 析を行っている患 者は 2 0 万人と言われている。 これだけ多くの方が透析を続けていて、なおかつその3 分 の 1 、 お よ そ 7 万 人 の 方 が 腎 臓 移 植 を 希 望 し て い る 。

新しい生体腎移植制度案は、外国人患者に( 1)腎臓提供者( ドナー )への生活支援 費( 2)別のフィリピン人患者 1 人分の移植手術代を支払わせるものとなっている。ド ナー生活支援費などが 1 万 2000 ドル ( 約 144 万円 )、フィリピン人患者の移植代が円 換算で 96 万 ~ 120 万円相当とされ、外国人患者の手術・入院代とあわせ、外国人患者 は総額 5 万ドル ( 約 600 万円 ) を支払うことになる。

仕組み全体は政府が管理し、ドナーは民間のドナー支援団体「腎臓財団」を通じて 生活支援を受ける。今までは移植費用が日本で受けられれば心臓でおよそ 1100 万円、 肝臓で 800 万円と言われているのに対し、海外渡航では心臓でおよそ 3300 万円、肝 臓で 3200 万円 、腎臓で 1600 万円( 日本移植学会試算 )と、経済的にもかなりの負 担であった。この 経 済的な負担の軽減 が 日本人 患者 の増加 に 繋が ると 見 られ る 。 この腎臓売買が公認されれば、他の臓器の売買も公認される日が近づくことになるだろう。これは臓器移植を待ち望んだ患者にとっては朗報ではあるが、臓器の闇取引 が本当に無くなるかということに対する問題点は依然として残っている。

フィリピンでは受刑者がドナー ( 臓器提供者 ) となるケースがあり、 1975 年以降1993 年までに 51 名の受刑者がドナーとなって意る。日本人も 2 人がレシピエント( 臓 器受容者) となっている。ドナーとなる受刑者の多くは死刑囚で、当初は減刑や釈放 を期待しての無償の臓器提供だったが、その後謝礼が渡されるケースが現れ、 1985年 頃 に は 事 前 の 交 渉 - 倍 買 へ と 変 化 し た 。 フィリピンでの臓器売買について認識はこのようなものである。臓器売買は合法 化され、死刑囚からの臓器売買も行われており、特に政府は反対していないようだ。

では、フィリピン人は何故、そしてどのようにして臓器を売るのであろうか。今回このインタビューでは、臓器を売った 20~ 30 代の男性 25 人にインタビューを行うことが出来た。ここでは 2 人のインタビューをした。

今回の調査でも日本人に腎臓を提供した、という人がいるのでもしかしたら日本人 による、フィリピン人の腎臓の需要はますます高まるかもしれない。「臓器を待っている声」も痛切だが、「臓器を提供する人の声」も実に切ない。彼等 の殆どは自分の家族を養う為に腎臓を売ったのである。

インタビュー中に、「現在体調が良くない」と訴える人はいなかったが、今後の彼等 はどうなるのであろうか。また、「腎臓を提供して、多少生活は良くなったとはいえ、 生活水準は変わらぬまま」と答える人もいた。彼等は腎臓を提供しても、貧困から未 だ脱せぬままなのである。

インタビューが終わった後、フィリピン人の友達に「貴方は腎臓提供をしたフィリ ピン人に何が出来るの? 」と問われた。頭を悩ませる質問だ。私は彼等の為に何が出 来るのでろうか。NGO に所属して、食料や生活用品を提供する、とかであろうか。し かしそれが出来たとしても一時的に彼等が助かるだけである。頭を悩ませる問題である。