読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を制限させないADHD・うつ病

ADHD・うつ病に関するブログです。【たまにフィリピン留学の事も書きます】

【中・高校生の方、ご両親向け】ADHDの教科別勉強法と英語という武器について

ここではADHDなりに学んだ勉強のコツなどを挙げます。受験が終わった人は飛ばしましょう。でも英語をビジネスで使いたい人は後ろだけ読んで頂ければ幸いです。

 私は「学校の成績が良い」事が絶対と言っているわけではなく、ADHDはとにかく得意分野だけ活かせば良いのです。不得意分野はスルーしても構いません(私だって数字や図形はもうからっきしダメって知能検査で判明しているんですから)。

 まあ、読んで「意外と勉強楽しそうだな」位に思ってくれれば嬉しいです。人によって合った方法はあるので試行錯誤してみてください。

 ADHDは絶望的に飽きっぽいそうです。

 アメリカのセントラルフロリダ大学の発表によると、ADHDの子供が学習するときには、足でリズムをとったり、足をぶらぶらさせたり、イスを揺らしたりすることは必要な行為との結果が出たそうです。

 私はそこまで行きませんが、勉強する時音楽を聴かないと無理です。テレビがある時は本当にテレビを観ながらやっていました。勉強楽しいものではないとやりたくないんですよね。楽しい勉強環境を作って下さい。お菓子があるでも良いです。

 ところで1つのことを長時間かけて1回だけ学習する、または1つのことを短時間だけ何回も学習する、効果が高いのはどちらだと思いますか?

 1つのことを時間を決めて短時間だけ何回も学習する方が学習効果が高いです。これは発達障害のない子でも同じです。

 1回目の勉強をした1日後に2回目をする。3日後に3回目をする。1週間後に4回目の学習をする。こんな風に繰り返して学習するのが最も学習効果が高いのです。

 発達障害のある子どもであれば、出来るようになるまで1週間に1日ずつ分かるようになるまで15分ずつ学習するのです。この方法であれば、集中力が維持できない子どもできます。

 参考程度に捉えて欲しいのですが、私が考える勉強の心得は以下の19個で、殆ど吉永賢一「東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法」と本山勝寛「お金がなくても東大合格、英語がダメでもハーバード留学、僕の独学戦記」から学んだものです(彼等は「努力家の上に天才」ですが)。

1. 成績が悪かったら「楽して」志望校に行った人の本か体験談を読もう(苦労して入った人のを読むと苦労するから)

2. 他人を蹴落とす考え方よりは勉強にハマれば簡単

3. 小さな成功体験を積み重る、無理な目標は設定させない

4. 問題集を簡単な問題から高速で解く、どんどん間違える

5. 「じっくり読んで覚える」より「何回も読み返して覚える」

6. 落ちこぼれに集団塾は時間と金の無駄、絶対個別指導

7. 人生で役に立たない勉強を覚えることを覚える事は社会に出て一番重要なスキル、だからやる

8. 頭と体で習得すれば、忘れない。覚える(暗記)、わかる(理解)、慣れる(練習)

9. 覚えられないなら30回音読する(もう仕方がないと思って頑張る)

10. 本番を意識しないやり方はダメ(時間計るとか)

11. 失敗した例と反省を記録する。

12. 教材を自分用に改作する。

13. 間違えて落ちこむ人は伸びない。

14. 他人や環境のせいにしない。

15. 起こったことは全て自分に原因がある、自分の中に原因を探そう。

16. すぐに結果を求めるな。

17. 間違えた問題は未修得の知識を発見、本番へのステップ台。

18. 間違えを喜びに変えよう。

19. 現状を受け入れることが最初のステップ。

ノートの取り方

 私は塾に通った事がないので基本学校での学習しかない為ノートに人生かかっているんです!!

 でも6年間塾講師と家庭教師のバイトをしていて、40人以上全員第1志望の学校に受からせたので多分一般の方にも通用するんじゃないかな、と思っています。

 ノート取り方極めると受験でも通用するんです(特に歴史)。ああ、何かこれは最早ADHD向けじゃない。色ペンは赤と青と黒で十分。7色ペン使うのは「古典」のみ。

 ノートをデコり過ぎると「ノートを超デコる」事が目的になってしまうから3色で十分。用途はタイトルと重要箇所は赤、文章は黒、単語は青です。何故古典は7色使うかというと「品詞」 の問題ばっかり出る為単語の品詞の使い分けを心がける必要がある為です。

英語のノートのまとめ方

ノートを取る順番もありますよ。

「左ページに英文、右ページに和訳をまとめるようにしてください。

1.ノートの「左ページの左端」と「右ページの右端」に単語をまとめるために線を引きます。

2.左端に英単語、右端に単語の意味をかきます。

3.左ページの英単語の横に本文、右ページの単語の意味の横に和訳をかきます。

4.右側のページを隠して、英単語の意味や本文の和訳の練習をしましょう。

5.左側のページを隠して、英単語のスペルや英文を書く練習をしましょう。

英文を見ないで「言える」「書ける」状態になれば、教科書自体の勉強は大丈夫ですので、ワークなどの問題に取り組んでいきましょう。

歴史

【歴史】

 歴史の勉強で一番大切なことは、「出来事の流れを読む」ということです。簡単に言えば、ただ年号と出来事を暗記するのではなく、「なぜ、どうしてこの出来事が起こったのか」という背景を理解することが大切だということです。

 ノート例を参考にすると、歴史を苦手にする人の多くは「723年 三世一身の法年 墾田永年私財法」と、出来事を1つ1つ暗記しようとします。しかし歴史が得意な人は、その背景まで理解するのです。この場合だとこの背景を考えるには「701年 大宝律令」までさかのぼる必要があるのです。『「口分田制度を作った」、「口分田が不足した」、だから新しい法律を作った』と考えていくことが、歴史を理解するということなのです。

 歴史の復習用ノートを作るときには、毎日の復習の時から出来事の流れを意識するようにして、1つの時代を学習し終えたらすぐに、その時代の年表を自分で作るようにしましょう。それも年号と出来事をただ書くのではなく、前述のようにその理由(因果関係)をきちんと理解できているか確認しながら作成していくことが大切なのです。

 歴史のノートを作る時は、「~で」とか「~によって」といった接続詞を使わずにノートをまとめると後で読みやすくなります。できる限り箇条書きにして、出来事と出来事のつながりは、接続詞ではなく「→」で結ぶようにすると、歴史の流れをつかみやすくなります。

 あと絵を描くのが得意な人は、歴史上の主要人物の似顔絵を描いてポイントをセリフにしてしまうのもよいかもしれませんね。歴史の勉強は「いかに楽しみながらやるか」にかかっています。

【地理】

 地理を学習するときに大切なことは「地名だけ覚えるのではなく、地図上で場所を確認する」ことです。復習するときに地図帳を手元に置いておくことはもちろんですが、復習用ノートに「地図を描く」ことを忘れないようにしてください。それは、地理のテストでは、地名をそのまま答えさせる問題よりも、その地名や場所を地図上から選ばせる問題が多いからです。いくら地名や特徴をしっかり覚えても、その場所がわからなければテストでは正解できないのです。

 とはいえ毎回地図を自分で描いていたら、それだけで時間がかかってしまいますね。そこで役に立つのはコピーやパソコンです。

 例えばある地方の学習をしているときであれば、地図を教科書や副教材などから自分のノートに合わせた大きさで何枚もコピーしておく。自宅にパソコンがあってインターネットが使える環境にある人は、「白地図」で検索してみてください。その地方の白地図をダウンロードできるサイトがいくらでもあります。

【公民】

 普段からTVや新聞でニュースに触れていると、年金制度や政治に疑問を抱くこともあるでしょう。公民を勉強すると「あのニュースの話だ」と、自分の経験と学習内容が一致するのです!

 公民のノートを作るときには、「できる限り簡潔にまとめる」ことを意識しましょう。覚えることが多くなりますから、教科書の文章をただ写すのではなく、図や表にまとめるなどしてポイントだけを確実に覚えるためのノートを作りましょう。また、学習した内容に関連するニュースを見聞したときには、その内容を書き留めたりするとよいでしょう。

 社会は何がムズいってつまり「覚えられないよ、こんなに」って事ですよね。ただ、一番かけた時間量が得点に反映する教科です。でも逆に言えば最も「知っているだけで良い、考える必要がない」教科です。

…じゃあ、どう覚えられるの?

サクサク暗記法をマスターしよう!

1 まず、問題集の該当ページを、 1ページにつき4、5枚コピー。

2コピーしたら、すぐ解答を見て全部の答えを赤で書き込みます。

  (社会の点数は、自力で解かなくても上がります。)

3 その「赤くなったプリント」が、 高得点を取れる理想の答案です。

4声を出して何度も読みあげたり、机や壁に貼ったりして頭に入れましょう!

5即答できるようになったら、最初にコピーした予備プリントを使います。スラスラと答えが「書ける」よう、書きこみ練習を!(「これがテストだ!」と思ってやりましょう。 漢字のミスも減点されるので手を使った練習は必須)

以上がサクサク暗記法です。その他歴史科目の効率的な覚え方は

1 資料集や教科書にある絵や写真を見る。

2 ストーリーの流れをイメージする。

3 細かい年号は語呂合わせで覚える。

4 興味をもって楽しむ(これが一番大事。例えば「ナポレオンってイタリアの島(フランス領だけど)出身にも拘わらずフランスの天下取った、すげー」みたいな。

【参考】オール5中学生の勉強方法「教科ごとの勉強法」

http://www.all5.jp/subject/category_30.html

世界史ではヨコのつながりも強化してネットワークにする

 まず、勉強の進め方です。

 世界史の勉強をする際に、一問一答の問題集などを使ってひたすら英単語を覚えるように世界史の人物・出来事だけを覚える、という人がいます。

一問一答の問題集で勉強すること自体は悪い方法ではなく、文化史などを勉強するときに大きな効果を発揮することは確かです。

 しかしそれだけでは不十分であると思っています。それは、世界史の勉強で重要な「出来事や人物のつながり」が見えにくいからです。

 そこで、その「つながり」が大切になってくるのですが、受験生の多くは、タテのつながり、因果関係を示す縦方向の矢印については、勉強するのですが、なかなかヨコのつながりまで勉強しません。

 私は、「ヨコのつながり」を理解するとは、同時代に他の場所で起こった出来事を単に把握するだけでなく、その同時代の出来事同士の因果関係やつながりまでも理解することが必要だと考えています。

 

理科

  授業用ノートであればともかく、定期テストはもちろん受験にも使える復習用ノートにするためには、この物理分野と化学分野を別のノートにすることをお勧めします。電流は物理ノート、化学変化は化学ノートという要領で分野ごとに整理していくことを心がけましょう。

 理科の復習用ノートを作るときには、必ず教科書と資料集を手元に置いておきましょう。1分野では実験結果や実験の注意がポイントになりますから、実験を行ったときの様子を思い出しながらノートにまとめ、その実験の様子を頭の中に整理していきます。実験を行った日の復習用ノートでは、見開きの左側を実験内容にあて、右ページに結果やポイントをまとめるようにします。そのときに、何でもかんでも丸暗記ではなく、「なぜそうなるのか」「なぜそれが必要なのか」という理由をしっかり確認しなければなりません。入試では、この「なぜ」の部分が出題されることが多いのです。

 理科の入試対策をお伝えする前に私は全く受験勉強をやっていない子が、何の教科から勉強を始めようか悩んでいる時私は「理科から始めよう」と伝えています。

 というのは、理科はただ問題集を繰り返し解くだけで簡単に成績が上がるからです。

使う問題集も、正直言って何でも良いです。学校の問題集でもいいですし、書店に売っている受験対策の問題集でもいいです。

 重要なのは自分が使いやすいと感じる問題集を選ぶことです。私自身、子どもたちに聞かれたときは、「解説がわかりやすいもの」を選ぶように伝えています。問題が解けなかったときにその理由がしっかり載っていたほうが勉強が進みやすいからです。

 これをヒントに、まずは自分が使っていく問題集を1冊決めて、それを3回解いてみましょう。

国語

 中学校での国語の勉強は、大きく分けて「教科書本文の理解」と「新出漢字・重要語句の理解」の2つに分かれます。

○新出漢字

 ノート例のように、音訓・送りがな・意味・使い方を調べておくことはもちろん必要です。余裕がある人は類義語・対義語なども書き残しておくとよいでしょう。

○重要語句

 語句の意味は、必ず辞書を引いて確認しましょう。複数の意味を持つものが多いので、教材文中の意味に合うものには赤線を引くなど自分のルールを決めておくとよいでしょう。

○教科書本文の読み取り・まとめ

 教科書の内容や板書を単純に書き写すようなノートのとりかたでは、いつまでたっても実力は身につきません。授業中に先生がくり返し説明した重要点を聞き漏らさず、色ペンを使ったり四角で囲ったりして強調しておきます。

現代文は言葉探しゲーム

読解量と国語の点数は関係がない。

 よく本を沢山読んだ方が国語の点数が高いとか言われますが、関係ないです。読解の「コツ」があれば良いのです。

【読解のコツ】とは

① 消去法で回答を選ぶな、正解は傍線付近の「繰り返し」使われている言葉がある選択肢

② このような、そして等指示語が何を指しているのかを探す。

③ 筆者の考えは本文の冒頭と終わりに書かれている。

④ 記述問題は最初前文読んでから!「繰り返し」言葉の切り貼り。(文章を自分で勝手に作らない)

⑤ 「繰り返し」がいくつかあれば、後になる程重要。(日本語は大事な事ほど後回しに書く)

⑥ 現代文の解き方は全文読まず①質問から読む②本文の中の傍線の前後③質問に戻る

 大学受験の時はとにかく様々な私立、国公立の過去問を解きました。赤本は第1志望は10年分。第2志望は5年分が目安。

古典

【書き方解説】

1 ページは見開きで使う。

2 上頁は本文や語訳、下頁は重要事項を記入。

3 本文はボールペン書き。

4 本文と本文の間は4行空ける。

5 本文の右側には現代語訳を書く。

6 本文の左側には文法事項を書く。

7 重要事項は番号ごと分けて表記。本文に同じ番号を振る。

《ディティール解説》

1 予習段階で本文のみ書き写す。

2 書き写した本文を自分なりに品詞分解する。

3 品詞分解はシャーペンを用いて軽くスラッシュを入れる。

   └※これは間違っていても消さなくて良い。

4 授業・解説を聞いて正確な品詞分解を行う。

※シャーペンの上からでOK。

5 訳は読んで分からないところだけ書く。全て書くとゴチャゴチャして見難いため。

6 色分けは3-5色

   ├動詞・・・・・・・水色

   ├形容詞・・・・・紫色

   ├形容動詞・・・紫色

   ├助動詞・・・・・オレンジ色

   ├現代語訳・・・赤色

  ※色分けはご自由に。ご参考まで。

漢文と古典

 漢文と古典は先程のノートの書き方で定期テスト対策はばっちりです。(マジです、ノートとワークだけ頑張れって感じ)

①古文は試験範囲の全てが全訳できればOK、そして「文法」で覚えるべきことは、動詞の活用、助動詞の活用、意味、接続です。ひたすら唱えて音読すると自然と覚えます。うだうだ言わずにとにかく音読!

 接続は「未然は、る、らる、す、さす、しむ・・・」と歌に乗せて覚えることをおすすめしますよ。背景知識は必要なのは、「筆者」「出展」「成立年代」です。この三つはセットで、漢字で書けるようにしてください。もし指定されている文学史の範囲があるなら、覚えていきましょう。

②大学受験の時古典単語は遅くとも高3の6月までには覚える。

 古典単語はそんなにいっぱい覚えなくても大丈夫です。あの膨大にある英単語なんかより全然少ない。大切なのは、1つの単語に複数意味がある場合は全ての意味を正確に覚えること。現代語訳などで困ります。

③敬語を制覇!

 古文の文章を読むコツは主語をつかむことです。主語をつかむために必須なのが敬語。みなさん敬語って苦手な人多いですよね?でも、覚えちゃえば主語もわかるし現代語訳も出来るし、いいことばっかり!ぜひ嫌がらずに覚えましょう。

次に漢文。

①とにかく後回しにしすぎない。

 漢文はなかなか手をつけづらく、後回しになりがちな教科です。私自身、ずるずると後回しにした結果、気づいたら秋になってもほとんど何もやっていない状態。本格的に焦り始めたのは冬になってから。直前期に漢文に時間を取られたのはかなり痛かったです。遅くとも夏までにはやっておくべき!

②やることは少ない。

 漢文は古文よりも覚えることが少ない。必要最低限の句法と読み方、意味を覚えて、あとは問題演習を積むのみです。だから直前でも間に合う気がしてしまうのですが、覚えてすぐに点数が取れるようになるわけではありません。直前に痛い思いをしないよう、着実にやっていきましょう。

数学

1.数学のノートを取る意味を考えよう

 数学の成績が低い人にノートを見せてもらうと、大抵が黒板の書き写しになっています。

ノートの持ち主に「ここはどういう意味?」と聞いても、答えは返ってきません。

これではノートをとる意味は全くないです。授業用のノートは何を意識して取ればいいのかを解説します。これを実践すれば、数学の理解力は格段に上がります。

2.教科書に書いてあることは書かなくても問題ない

 学校の先生が黒板に語句を書いたり、公式を書いたりします。先生によってはカラフルに書いたり、図形を使ったりと視覚に訴えるように工夫しています。しかし、ノートは自分が見て思い出すものです。

なので、自分自身が工夫したほうが確実に覚えられるのです。

 特に、公式や語句は教科書に書いてありますし、数学に関してはそれほど重要ではありません。要するに、ノートに書き写す必要はありません。複雑な公式の場合は書く必要がありますが、基本は教科書をみて思い出せば十分です。

何をノートに取ればいいのか

 それは、先生が黒板に書いた例題の解法です。途中式まですべて写すことが重要です。

ただし、写すだけでは意味がありません。自分自身の工夫が必要です。

 先生が黒板に書かずとも口頭でいった説明を、自分の言葉で書き込みましょう。特に、式変形には必ず意味や使う公式があります。学校の先生はそこまで黒板に書きませんが、ノートには書きましょう。

赤本ノート便利だよ

 赤本ノートは1冊290円で過去問を解きながら志望校の「傾向」を分析し、自分だけの「対策」を練ること ができます。「マークシート対策用」と「個別試験用」の二種類があります。赤本ノートは見開き構成で、左ページで問題を解き、右ページで傾向分析・弱点の発見・対策の構築を行います。「センター対策用」の左ページは全科目に対応するマークシート解答用紙で、本番さながらの演習ができます。塗る時間や見直す時間も大事な試験時間の一部。演習を重ねて慣れておきましょう。

 マークシート用シャーペンと消しゴムもあります。これは塗りやすいですよー。

☆おまけ 英語学部系に進学したい方、留学を目指している方へ

【結論】SELHi(セルハイ)の高校に行って、高校在学中に1年留学すればビビる位人生に選択肢が広がりますよ!

 英語教育の先進事例となるような学校づくりを推進するため、英語教育を重点的に行う高等学校等を指定し、英語教育を重視したカリキュラムの開発、大学や中学校等との効果的な連携方策等についての実践研究を実施する「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)」事業を平成14年度から文科省が開始しております。

 私もSELHiの高校出身、それでオーストラリアに留学。英語が高校時代から話せるようになると大学も早大や上智の推薦とか目指せるようになるし、勿論海外の大学も。就職活動でアピールできるし、外資系の企業へも目指す事が出来る。まあ、早めから動くと得かな、と思います。

IELTS 5.5以上取得するには

 イギリスとオーストラリアの大学入学の申請にはIELTS(アイエルツ)という試験のスコアが必要になります。全世界の大学に入る為にTOEFL(トーフル)という試験がありますが、TOEFL(トーフル)より簡単です。何故簡単かというと、スピーキングが面接なので易しい。私はオーストラリア留学中に1回のみ(スコアは5.5)受験しただけなので参考になれば・・・。

 TOEFLはコンピューターに向かってスピーチをする形式で、短い秒数で意見をまとめ、決められた秒数収めるのはとても大変です。よく「日本語で同じ質問をされても答えられない」という声を耳にします。日本人は特に点数の出しにくいセクションと言われています。

 一方、IELTSは面接官とのインタビュー形式なので相手が人です。質問を聞き逃したらもう一度お願いしますと聞き返すことができますし、相槌を打ってくれたりするので会話のペースを整えて話すことができます。

TOEFLとIELTSの違い

 TOEFLのリスニングは長いレクチャーを聞いた後に、その内容を問うような形式ですが、IELTSは図や文章の一部分を穴埋めするような形式が多く、聞きながら答えを導き出すことができます。

 また、問題が流れる前に設問を確認する時間、問題の合間に解答を確認する時間、解答を書き込む時間を別途もらえるので、先読みしたりする時間の使い方のテクニックが使い易いといえます。

ただ、リーディングの語数が多いです。

 画面であの数の英語の問題を見るのだけで「おえっ」となります。紙媒体の過去問の練習は避けましょう。絶対official TOEFL iBT Tests等でパソコンの画面上でリーディングを解く練習をしましょう。

 TOEFLのリーディングが1パッセージ約700語なのに比べ、IELTSのリーディングは1パッセージが約900語となっています。長い文章を読まなければいけないため読解スキルの足りない人は時間が足りなくなることもあり、難易度はIELTSの方が高いと言われています。私自身もTOEFLの方が断然難しいと感じます。ほぼ全国で月に3,4回開催しているTOEFLとは違い、月現在で日本ではIELTSを実施している会場がまだ少ないです。

 料金はTOEFLは約27,000円、IELTSは25,000円(1ドル100円で計算)です。高!!

学生ビザ取得に必要なIELTSスコア … 5.5(B2レベル)

学校が求める出願に必要なIELTSスコア目安 … 5.5~6.0です。

 海外の大学にしたい方は5.5以上目指しましょう!ちなみに自分は高1に1回しかIELTSは受験した事がないのですが5.5を1回で取れてしまったのでオーストラリア、イギリスの留学に入学が可能でした(が、父が病気で失職し、学費免除のある大学しか選択肢がなかった為あえなく断念しました)。

英検の必要性について

 結論から言うと、英検取得がアドバンテージになるのは高校卒業迄で、卒業後はTOEIC(トイック)というビジネス英語の習熟度を測るテストのスコアの方が重宝される感じではあるとは思います。

 英語が不得意な方でも高校卒業までに2級は割と簡単に取得できるので、ただ、準1級以降はハイパー難しい為TOEIC頑張った方が得です。「合格・不合格」がなくてどんなに頑張らなくても点数に反映されるのが良いです。でも英検準1級は6,900円(2015年10月時点)でspeakingとwriting入っているからコスパ良いです。あと、TOEICは2年でスコア消滅するから検定モノは一生残るから良いです。

英会話は日本の先生の方が良い

 フィリピン人の格安のオンライン英会話2社ありますが、どちらも試した事があります。1日30分で6000円程度は破格でしょう。ただ、全く続きませんでした。理由は①先生が固定していないから②自分で日程を決めれるため強制力がない故怠けてしまうのです。

 現在日本人の信頼のおける先生の元でオンライン英会話を月60分5回行っておりますが、日本人の先生のほうが「これ何て言うんだっけ」がすぐ聞けるのでよりディープな表現を学べるし、日程が決まるので怠けません。

 【おすすめの英会話の先生】松崎由起子先生 http://honyakushop.me/

 一番重要な事は勉強を趣味程度に捉えて楽しくやることだと思います。

(参考文献)

1. 吉永賢一「東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法」

2. 本山勝寛「お金がなくても東大合格、英語がダメでもハーバード留学、僕の独学戦記」

3. 発達障害についてのまとめ「発達障害の子供が効果的に勉強する方法はコレだ!」http://edu.markelog.net

4. オール5中学生の勉強方法「教科ごとの勉強法」

http://www.all5.jp/subject/category_30.html

5. 東進ハイスクール 豊洲校 オフィシャルサイト

「古文&漢文の勉強法!」 http://www.toshin-toyosu.com/