人生を制限させないADHD・うつ病

ADHD・うつ病に捉われずどうすれば人生を制限させずに生きるか情報を提供するブログです。

うつ病中大きな決断肯定派、だって環境を変えないと治らない

広告

よく「うつ病中大きな決断をしてはいけない」というのはありますが、「いやいや大きな決断(環境を変える)をしないとうつ病治らないから」って突っ込みたくなります。

 恐らく社会人のうつ病の原因は仕事ですから、労働環境を変えないと治らないです。

40代になると転職が厳しいのは分かります。転職しなくても部署異動とかもあるでしょうし、先程紹介したクラウドワークスやストリートアカデミー等で稼ぐ手段を増やすとか。転職するにしても内定出るまで仕事を続けるとか、すぐ辞めたかったら高時給の派遣で食いつなぐとかいくらでも方法はあります。

 大きな決断が出来なかったら環境を変えるとか。小さめの決断を。薬飲んでも治らないんだからとにかく行動が常に道を拓くのです。

自分に優しくするというのは自分の感情を抑え込まないという事

 自分の感情を無視しない。自分を抑え込まないというのが自分に優しくするという事だと思います。

 よく「自分に優しくしてあげましょう」なんて言われることが多いですが、自分に優しくするということは自分の好きな音楽を聴いてリラックスするとか、お風呂に入ってゆったりするとか、勿論そういう事も自分に優しくするということではあります。

でも、自分に優しくする一番のことは自分の感情を無視しない、押さえ込まない、ということかと思っています。辛かったら「辛い」と言う。

「我慢できない事」への肯定

 コンサルとしての常駐先の上司に「俺は我慢する事が出来ない」という人がいました。どんな人にも意思表示をはっきりしていました。自分は「我慢する事が出来ない」為不利益を被った経験はいくつかあります。ただ、「我慢できない事」を肯定しても良いんだと思いました。

 その人は「自分の為に世は動いていると思っていて、自分に邪魔する奴は許さない」と仰っていて、私も全く同じスタンスです。それぐらいわがままで良いのではないでしょうか。

 宇多田ヒカルの「This is Love」の歌詞にこのようなフレーズがあります。

痛めつけなくてもこの身は

いつか減びるものだから甘えてなんぼ