人生を制限させないADHD・うつ病

ADHD・うつ病に捉われずどうすれば人生を制限させずに生きるか情報を提供するブログです。

神経外科の先生によるADHDの特徴とは?

広告

ところで皆さん、「ADHD」はご存知ですか?

 ADHDとは注意欠陥多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる障害のことです。

 今日は私の大好きな神経外科の先生による「ADHDの特徴とは」について紹介していきます。(※あくまでもその先生による、だからね。色んな定義があるから。)
• 先生との出会い
•神経外科の先生による「ADHDとは何か」◦①ADHDはサルやチンパンジー(祖先)の機能を引き継いでいるだけ
◦②音楽を聴きながら人の話を聞いたほうが理解できる
◦③話したい事が先に出る為日本語より英語の方が得意
◦④ワーキングメモリは横文字の本を全体を色つきの定規で隠しながら1行ずつ読むと増える
◦⑤落ち込んだら「私はアインシュタインだ」、「スティーブジョブズだ」と思え

•-最後に「ADHD=あなた」じゃない-

 先生との出会い

 その情報不要かもしれませんが読んでみて下さい。

 その神経外科は予約なしで入れるとおじいちゃん先生から電話で言われた。
 行ってみると受付の方がいないのでどうしたら良いか戸惑う。でも患者さんばかり。
 受付の窓は閉まっているのでこの緑の所に保険証を置くのかな、と思い置いてみた。
 予約なしの所は5分位で治療が定石と言われているが、先生がゆっくり1人40分診る。従い、私は2時間待った。しかも携帯禁止、何故か萩尾望都先生の漫画ばかり本棚に並んでいる。

 でも不思議とイライラしない。荻尾望都の「ポーの一族」とか初めて読んだが面白い。成程、これが元祖BL漫画か。
 
 神経外科の先生による「ADHDとは何か」

①ADHDはサルやチンパンジー(祖先)の機能を引き継いでいるだけ

チンパンジーやサルは電気が点滅する順番を人間より容易に覚える事が可能、
と言われております。また、全体を見て咄嗟に嫌な音、嫌な物等を見分けます。
ADHDは本を高速で読む事が出来ますが丁寧に読んだりする事は苦手、1つ何かあれば気が逸れてしまいます。漢字もバラバラに分けて書いてしまう傾向もあるとか。
つまり、ADHDはサルやチンパンジー(祖先)の機能を引き継いでいるだけだと。

②音楽を聴きながら人の話を聞いたほうが理解できる

ADHDは視覚による情報は理解できますが、聴覚により物事を理解するのが苦手だとされています。しかし音楽をかけると他の音と差別化するようになるらしく、音楽をかけた方が集中するそうです。(ちなみに私は勉強は音楽をかけないと集中できません。)

③話したい事が先に出る為日本語より英語の方が得意

「ペンを持っている、私は」というように伝えたいことが先行してしまう為日本語は苦手になる傾向があるそうです。英語の方が得意な傾向があるのと。私は仕事で殆ど英語を使用している為無意識的に取捨選択していたのでした。

④ワーキングメモリは横文字の本を全体を色つきの定規で隠しながら1行ずつ読むと増える

「気が逸れる」。これがADHDの天敵で、横文字の本を全体で定規で隠しながら1行ずつ読むと増えるそうです(100均で定規買ってきて本当にやりました)。

また、私は日本語の文章チェックは

日本語の文章のタイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェック/校正と、

英語の文章チェックはgrammarlyかgingerを使ってます。

 

⑤落ち込んだら「私はアインシュタインだ」、「スティーブジョブズだ」と思え

ジョブズもアインシュタインもADHDだそうだったので、困ったら「私は偉人だ」と思えと。

-最後に「ADHD=あなた」じゃない-

ADHDの方ってめっちゃADHDである事嫌がっている方多いんだけど、気にすんなと。

貴方のアイデンティティはADHDだけじゃないですよ。他にも沢山の要素があるけどADHDだけに目が行ってしまうだけって事をしつこいけど、この本にも書いたから読んでね!ADHDである事で自分の人生を制限させないでください。ADHDという病気が自分を苦しめているのではなく、ADHDという病気に対する解釈が自分を苦しめているだけです。
 おわり!