人生を制限させないADHD・うつ病

ADHD・うつ病に捉われずどうすれば人生を制限させずに生きるか情報を提供するブログです。

血液検査によるうつ病の診断とうつ病に効く食べ物

広告

 うつ病の診断って医者によって異なるなら信用ならんわ…。

 と思ったあなたに「血液診断」を勧めます。うつ病かどうかは、血しょう中にあるエタノールアミンリン酸という物質の濃度で判断できる、ということです。エタノールアミンリン酸の濃度が1.5μM以下の場合、8~9割の確率でうつ病と判断できるそうです。外苑メンタルクリニックという病院で初診料(3000~5000円)のみで、血液検査自体は無料で受けられるとのことでした。

うつ病に効く食べ物

 うつ病はセロトニンやノルアドレナリン等「脳内伝達物質」のバランスがうまく摂取できなくなる為うつ病になると考えられています。

 うつ病にもっとも関係の深いと言われている 「セロトニン」の量をまずは増やすことが先決になります。トリプトファンを多く含む食べ物には、乳製品や肉類などが挙げられます。

ヨーグルトはうつ病におすすめ

 ヨーグルトは前述のトリプトファンを含む食品としても効果大ですが、その他にも効果的な成分が含まれています。その成分とは、ヨーグルトに含まれるプロバイオティクス、または良質なバクテリアです。これらは、脳内の化学成分を変化させ、 不安やうつ病に関連した障害の治療に役立つと言われています。

 またヨーグルトが腸内細菌に影響を与えることによって脳内の化学成分が変化し、健全な行動に導く可能性があると言われています。

ビタミン群の摂取もうつ病に効果的

 ビタミン群は、セロトニンの吸収を促進させる効果があります。また、ビタミンDは更年期の女性のうつに効果があると言われています。

 ビタミンDを多く含む食べ物には鮭、サンマ、カレイ、イワシ、タラの肝油などの魚、

乳製品や卵、レバー、腎臓肉などがあります。ビタミンDは太陽の光を浴びることによっても体内に生成されます。ビタミンB群(納豆や牛乳)もうつやその他の精神的な問題を予防する効果があると言われています。

自炊がお勧め

 外食だとコストの制限で食べられる物が制限されるので、メニューが無限に広がる自炊がお勧めです。また、調理という行為は集中する為一瞬人をうつ病から離れさせますよ。

 私が休職していた時は毎日自炊していました。レシピはbookoffで100円のもあるし、cookpadもあるので無限です。私は好きなアイドルが発売していたレシピ(でんぱ組.inc)や漫画に出てくる食事を主に作っていました。